2017年8月9日水曜日

恐い現実に打ち勝ち、誰の目も気にならなくなるイラスト上達への一本道

どうも高橋です。

前回のお話は見ていただけまし
たでしょうか?


前回の話を聞くまであなたは

が上達しない原因が全く分から
ない状態から。

アタリを取ることと頭身を理解

していないことが原因だと分か
り少し肩の荷が下りたことでしょう。
 
私も、


 あなたと同じで

基本が描けなくて

いざ思い切って聞いては見たものの
学校の先生や周りの同級生や年

上の先輩からは、

「とにかく描きなさい」

と言われてただ描いて、

自分の得意な模写をこなせば
自然に上手くなると本気で思っ
ていました。

そんな毎日を送る私の専門学生

時代は。

バランスが取れてる絵なんて
簡単に描けるもんじゃないんだな

やっぱり自分には無理なんだな
 
と諦めかけていました。



そんな時に絵の描き方の動画を
上げてるある人と出会い

「アタリ」と「頭身」の話を聞いて。私の分からなくてぶつかってい

る壁は、足りない部分は、

アタリと頭身を理解

していないことだったんだ

という事実に気づき。

その人との出会いにより私は、


原因を知ることが出来て

今では頭身を理解できたおかげで。

どの角度からでもキャラクターを生み

出せることが出来るようになって。
 
東方2次創作やオリジナルでキャラを生み出せるところまで成長することが出来たのです!


更にTwitterでは

「メリオダスを描いてください」

(メリオダスとは七つの大罪の主人公です)


と言われて描き上げると

 
「すごく綺麗です!ありがとうございます。」
 
このようなメッセージがもらえる

まで上り詰めることが出来たの
です。




あなたも私の絵師さんからもら

ったアドバイスと

私の見つけた

アタリの描き方と頭身を理解す

るテンプレートをマスターすれば

私のように

どの角度からでも好きな位置か

らキャラクターを生み出すこと
が出来るようになります。

キャラクターを生み出すことが
出来れば漫画を描くのに苦労
しなくなります。

上記のような未来を手にす
る前に私のちょっとした過去
話を聞いてください。

 私は、

お金もなければ、

何かしらの成績も

良くないような子で、

特段特技もなければ

堂々と

生きてきたわけでもありません。

学生時代は成績も悪いし。

家族の中で慕われているのは出
来のいい妹の方ばかりで、

こっちのことなど見向きもされ
ないで過ごしていた日々もあり
ます。

そんな環境で中身は育たず、

体だけ育って生きてきました。

そんな私でも

唯一譲れないものがありました。

それは絵を描くことです。


 
絵と言っても種類は色々ある。

その中でも特に魅かれたのは、

美少女キャラが、

リアル画の背景に

なじんでいる

一枚絵だったのです。


 
その絵を見つけたのは、

近くの宮脇書店で、

たまたま友人に

連れられてきた

ライトノベルコーナーで、

「変態王子と笑わない猫」


の表紙のイラスト

このイラストが

自分が描きたいと

思っている絵と

マッチしていたので、

将来は

ライトノベルや風景画に

マッチしたキャラクターを

生み出せるクリエイターに

なろうと思い、

学校が終わってから

家にいる時間を使って

1日2時間、

描いてみたのですが、
 

なかなか上手く行かず。

それから、

ネットで調べたら。

模写をするといいと描かれており

やってみると、

楽しくて逆に模写ばかりうまくなり。

ハッ、

と気づいて描いていくと前

よりはましにはなったが

何かが足りない事に気付き、

(あれ?

髪とかどうやって描けば
自然な流れで描けるのか?)

(そもそも体は描けたけどなんか頭と体が釣り合っていないな)

など

(明らかにキャラに肉が付いていないな)

(顔一つ描くにも結構時間が掛かりました。)


その原因を探るべく

参考書を近くのTSUTAYAで買った。

けど一冊じゃわからないところだらけで、

気付けばある程度描ける人向けの本だったことが判明。

でも当時の自分は、

お金が無くあるとしたら親の稼ぎのお金でも1万円いかない程の金額しかありませんでした。
悩んでいる末に

頭を抱えながらでもどうしても原因が知りたかった私は
思い切ってYouTubeで

イラストのアドバイス

しているチャンネルに
登録して。

メルマガ(メールマガシン)も受け
取れる状況を作って

最初に見せられたメルマガで、

3000万のマンションを一括
で購入したレシートを見せられ
た時は心臓が飛び跳ねるかと思
いました。



 その人は会社に通ってもいなけ
れば、

株式投資もやっておらず。

唯一働いたことがあるとすれば

大学時代にコンビニのバイト程
度だそうです。

その人とお茶会の案内がメール
に来たので。

実際にあってアドバイスをもら
いにいきました。

その日に持ってきた物は、

メモ帳とスケッチブックです。


自分の描いたスケッチブックの

絵を見せて模写とオリジナルイ
ラストを見せました。

本人にはオリジナルの方をアド
バイスお願いしますと言い。

オリジナルの方を見せてその人
の言うことにメモを取って

「顔にはアタリを描いて、体は頭身を理解して描いてください」


それを聞いて私は
メモをしっかり取って実践して
みたのですが、

それでも現実は厳しいものでど
うしたもんかと悩んでいると、

もう一回イラストのアドバイス
をくれた人の動画を見ていくと

その動画は参考程度で
特段自分で描いていかないと
いけません、


基本的なことは、

近くの書店に足を運んで

自分に合ったジャンルを

手に取って読んでみまし

た(音読で)。

それから少しでも自分と関係が
あるなと感じた参考書は迷わず
購入しました。

多分その日に購入した冊数は10
冊近かったです。

2万円近くしました。






 


それから参考書を空いた時間
に読んだり、

ポイントを蛍光ペンで引いたり
インデックスを張るなりしてひ
たすら調べまくりました。

それが終わると。

自分の中で整理して

メモを見返し

教わった人の
顔にはアタリを体には頭身を意


識して描いたら。

だいぶ上達していきました。

そこから様々な角度からオリジ
ナルで生み出していき、

自分の弱点が手に取るように分
かるようになり、

その部分のサイトやパーツを調
べては描くを繰り返していると。

違和感は徐々になくなっていき
ました。

その証拠を見せます。









 


















高橋さんが凄いんですよ。

そう思ったことでしょう。

しかし本当に私だけだろうかと
考えるようになり、

ある日私と同じイラストや漫画

が好きで顔しか描かない友達
がおりその友人に、

「なんで顔ばかりで体は描かないの?」

と尋ねると彼は、


 「体を描くと顔とのバランスが
つり合わなくなるから」


そう答えました。


そう彼は、


ついこの間まで体のバランス
が描けずに

悩んで体まで描くことを難しい
から描けないと言い訳してきた
自分と似ているなと思い。

 
そんな彼に自分の描いた絵を

過去のものと現在の物を
見せたら。

びっくり顔をしていました。









 

















それから

「どうやったら描けるんだ!?」

と聞いてきて彼は主に漫画を描

くのが好きで

ジャンルは違えど

私が動画の方と会って手に入れ

た。

顔と体のバランスを整えるには

アタリと頭身を理解するとバラ
ンスの取れたキャラクターが描
けるようになり。
 

私がアドバイスされたやり方と参考書に描いてある方法をその友達にも教えてみたら

最初は渋ったけれども同じような
やり方で教えると

絵を描く友達も10日後には

同じように結果が出ました。

それから私と友人はライバルになり。

 「高橋、いつかお前を追い越して
やるからな。」

「嫌々出来るかな?」

などという程です。

でも私は自分のペースで

進めていきますので

追い抜かれても

どうということはありません。


私がここまで来れたのは、


偶然が重なって起きた導きだと
思っています。

 今あなたが私のブログに足を
運んでいるのも

偶然が重なってここまで不思議
な何かで導かれて来ているのです。

ですから私は、 

このことを黙って自分だけのも
のにするつもりはありません。

もっと多くの人に伝えていき


絵が描けない人達を救って

行こうと思っています。


ですが私も人間です。

残念な事に体は一つしかありません。


ですから私は、

あなたを選びます。

ここまで読んでついてきたあな
たにだけ私が手にしたテンプレ
ートを受け取って欲しいのです。

そうです、

次はあなたの番です。


今までただ描きまくって模写し

ても上達できなかったあなたに
だけこのテンプレートを受け取って。

あれだけ時間をかけて

描いた部分が嘘のように

スラスラ描けるようになって

心躍るように

筆を

走らせるようにしたいと思っています。

ここに今日のワークを貼ってお
きますのでそこに回答をして。 

あなたのイラストを描く時に躓く
場所をイメージがストップしたと
きに役に立ちます。

↓↓↓↓↓↓
ここをクリック

次回送るメールもお見逃しなく。
ここまで読んで下さりありがとうございました。

0 件のコメント:

コメントを投稿